蕎麦猪口(そばちょこ)について of 花祭窯藤吉憲典公式サイト

花祭窯(はなまつりがま)磁器作家・藤吉憲典(ふじよしけんすけ)の公式ウェブサイトです。

title2.gif

HOME > 蕎麦猪口(そばちょこ)について

藤吉憲典のつくる蕎麦猪口(そばちょこ)

蕎麦猪口(そばちょこ)について

蕎麦猪口は藤吉憲典のライフワーク

そばちょことは

わたしたちが「そばちょこ」と呼ぶ器が盛んにつくられたのは、蕎麦やうどんが庶民の食文化として広まった江戸時代中期から後期。猪口(ちょく)の語源は中国語で盃(さかずき)の意味を持つ「鍾(しょう)」の発音からきているという説があります。猪口の字を当てたのは、器の形がイノシシの口に似ているからとか。蕎麦の付け出汁に好しく、蕎麦湯を飲むのに好しい形・サイズのものが「蕎麦猪口」と呼ばれるようになったようです。
錦桜チラシ文蕎麦猪口

染付宝珠文蕎麦猪口(蛇の目高台)

蕎麦猪口の文様の愉しみ

正面・背面・見込(みこみ)・縁(ふち)・裾(すそ)。文様の愉しみは立体的です。そもそも器は立体ですので当然といえば当然ですが、限られたスペース(藤吉作の標準サイズは口径8×高6cm)で余白をどう生かし、見えないところでどう遊ぶか。例えば、お料理をいただいたあとの見込に文様が現れる愉しみ。あるいは正面と背面と見込の文様の組み合せの妙。「桜」ひとつで100を越えるようなデザインの可能性が楽しめるのです。

藤吉憲典の蕎麦猪口は160種超

蕎麦猪口の魅力

季節や行事を普段の食卓で楽しむ

蕎麦猪口の魅力は、形・サイズの使い勝手の良さと、無限に広がる文様デザインの可能性。描かれる文様は、干支・昆虫・動物・草花・気象・幾何学文・人物・山水など多種多様、まさにデザインの宝庫です。四季、五節句、二十四節気、あらゆるものが文様の題材になっているので、「今」にぴったりの文様を見つけることが出来るでしょう。
我が家では、蕎麦や素麺の付け汁用に使うのはもちろん、茶たくに載せてお茶を出したり、小鉢替わりにつかったり、デザートの器としても使います。最近では焼酎用にお買い求めになる方も多く、お湯割にもロックにも程好いサイズです。
「食べる」「飲む」日常生活のなかで多用途に使いながら絵画を楽しむことの出来る、庶民的でありながら贅沢な器です。
042.JPG

085.JPG

蒐集(コレクション)の愉しみ

文様を楽しむ蕎麦猪口コレクション。今使いたいもの、目に留まったものを文様違いでひとつづつ買っていく方が増えています。そうして普段から使うシーンに合わせて文様を選ぶ楽しみを持っておられるのですね。お客さまが複数名いらしたときも、お客さまのイメージに合わせてお出しする蕎麦猪口の文様を一人ひとり選ぶことができ、遊び心がテーブルでの話題に花を咲かせてくれます。
一方で定番文様を5客6客と同じもので揃えておくのも、これはこれで食卓に並んだときに壮観です。同じ文様で揃えるときは、定番の幾何学文様など、季節を問わないものをお選びになる方法がひとつ。あるいは特にお気に入りのものを揃えておくのもひとつです。

藤吉憲典の蕎麦猪口は、現在160種類以上。たくさんの文様のなかから、お気に入りを選ぶ楽しさがあります。各地での個展の機会や、オンラインショップ蕎麦猪口倶楽部でもお買い求めいただくことが出来ます。http://hanamatsurigama.com